イメージ画像

治験コーディネーターの治験進行中の業務

治験コーディネーターの治験中の主な業務は、治験が円滑に進むようスケジュールを行うことにあります。治験の被験者や治験担当の医師や看護師、スタッフのスケジュールも治験コーディネーターが担当することとなります。

例えば、治験当日に被験者が医療機関に来ないというハプニングが起きた場合、速やかに被験者に連絡をとって治験への参加の可否を確認し、治験実施が難しいと判断された際には、スケジュールの立て直し・変更などを行っていきます。

治験のスケジュールについては、実施担当の医師ではなく、治験コーディネーターに責任が任されているのです。スケジュール管理の他の業務としては、モニタリングや監査の対応があります。

治験担当医師から、モニタリングや監査の立ち会いを任される場合も多いため、事前に必要な書類の準備や確認が重要となります。カルテの内容や資料情報などの把握が甘いと、治験コーディネーターのみで業務を行うことが困難となることを、十分に理解しておきたいところです。

また、治験責任医師によっては、医師による保管が必須となる文書の管理まで依頼するケースがあるため、必須文書の保管・管理業務にも精通しておく必要があります。治験中の業務は、勤務先だけでなく、治験を行う際の担当医師によっても大きく異なってきますので、事前に情報を集めておくことをおすすめします。

治験中のCRCの業務は他にも、被験者の対応やメンタルケア、診察・検査の立ち会い、緊急時の対応、スタッフとの連携などがあります。加えて、治験担当医師のサポートや対応、同意説明補助や症例報告書の作成、安全性に関する確認補助、有害事象対応などもあり、治験進行中も様々な業務を同時に進行するだけの手際の良さ、管理能力が求められます。

治験進行中の業務は、勤務先や治験担当医師、治験実施機関によって大きく異なります。そのため、どのような治験においても臨機応変に対応できる実務能力の高さや対応力、コミュニケーション能力などが必要となるということを、是非心に留めておいて下さい。

このページの先頭へ