イメージ画像

治験コーディネーターの治験開始前業務

治験開始前の業務は、想像以上に山積みとなっています。治験前の業務は勤務先の企業によって若干異なりますが、今回は共通する主な仕事内容についてご紹介していきたいと思います。

流れとしては、まず治験管理センター長がクライアントの要請に従って治験コーディネーターを配置します。続いて、治験内容を深く理解するために、治験要項やデータ一式を熟読し、疾患や新薬について事前に自己学習を行うこととなります。平行して、院内検査や外注検査などを行うことも少なくありません。

次のステップは、治験をスムーズに行うための準備となります。治験処方箋や症例ファイル、ワークシート、治験参加カード、治験概要、各種連絡票、外注検査検体キットなど、治験を実施する上で必要となるあらゆる資料や備品、物品を準備します。見落としや準備漏れがあると治験に支障が出るため、大変気を遣う業務だと言えるでしょう。

続いて、治験開始のための最終業務となる各種ミーティングを行います。CRC向けの説明会や、治験に関わる人々(医師、治験管理センター職員、クライアント)などと最終的な打ち合わせを行い、治験開始に備えます。

スタートアップミーティングには、治験責任医師と分担医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、モニターなど多くの関係者が参加するため、事前準備の業務内容も濃いものとなります。

また、治験に参加するスタッフを対象とし、治験実施計画書の説明会やミーティングを行うのも重要な業務となります。説明会の項目としては、治験の概要、検査項目、治験スケジュール禁止事項などがあり、これらについて的確に説明出来るように事前準備を徹底しておくことが重要です。

このように、治験前には数々のミーティングを始めとし、大変沢山の業務をこなすこととなります。事前業務については、勤務先によって意外に差がありますので、転職を検討する場合には転職サイトのコンサルタントなどに相談し、勤務希望先の内情を把握しておかれることをおすすめします。

このページの先頭へ