イメージ画像

治験コーディネーターで実感できる遣り甲斐とは

治験コーディネーターは、新薬開発に関わることのできる遣り甲斐ある仕事です。新薬は、開発後、市場に出回るまでに数年から数十年という時間が必要となります。それだけに、医療現場で新薬が用いられるようになると、数年・数十年分の達成感や感動を得ることができます。

治験コーディネーターは、治験を依頼する製薬会社や実施を担当する医師、治験に参加する患者の方から頼りにされる存在です。医師にとっては、治験コーディネーターが治験に関わるスケジュール調整や患者さんのケアを担っているという安心感から、治験に集中することができます。

また、治験に参加する患者さんにとって治験コーディネーターは、精神面の支えとなる存在として、頼りにされることとなります。加えて、治験の説明や服薬指導なども治験コーディネーターの担当となるため、患者さんが信頼を寄せる対象となることもできるでしょう。

治験コーディネーターの多くは、この頼られているという事実、信頼されているという認識に大きな遣り甲斐を感じていると言われています。看護師や薬剤師は、医療の現場で命に関わる重要な職種ですが、医療現場で感じる感動や達成感とまた違った遣り甲斐を感じたい方にとって、治験コーディネーターは魅力的な仕事となっています。

近年、看護師の方、薬剤師の方が転職を検討する際、治験コーディネーターを選択肢に加えるケースが増加しています。しかしながら、人気があるからという安易な考えで治験コーディネーターを選択しても、転職が失敗に終わる確率は非常に高いということを忘れないようにしたいものです。

治験コーディネーターの業務内容は決して楽なものではありませんし、精神的にも肉体的にも、看護師や薬剤師とは異なる辛さがある職業です。この点をしっかりと認識した上で、治験コーディネーターに興味を抱いた方は、専門の転職サイトなどを利用し、コンサルタントへ相談を行ってみて下さい。

そうすることで、治験コーディネーターに対する不安や疑問を解消し、納得がいく形の転職を実現することが出来るでしょう。

このページの先頭へ