イメージ画像

治験コーディネーターとはどんな仕事?

治験コーディネーターを指すCRCという言葉は、Clinical Research Coordinatorの略称となっています。この略称は「治験をコーディネーションする」という意味を持っています。

治験コーディネーターは、新薬開発において重要な治験を実施するために欠かせない存在であり、治験実施施設において治験全体をサポートする役割と責任を担っています。

治験コーディネーターの主な業務は、治験進行の確認、被験者への服薬指導、医師やクライアントとの折衝・打ち合わせ、治験をスムーズに行うためのあらゆるサポートなどとなります。スケジュール管理や必要書類の作成、スタートアップミーティングや各種説明会なども、治験コーディネーターが行っています。

このように、治験コーディネーターの業務は多岐にわたっているため、求められる能力も高いものとなっています。特に、医師や依頼を行う製薬会社、被験者や治験を行うスタッフなど、様々な人々の間を取り持つことが重要な業務となるため、高いコミュニケーション能力が必須となります。

そのため、治験コーディネーターはコミュニケーション能力が高く、細やかな気配りができる女性の割合が大きいという特徴があります。また、薬剤師や看護師といった医療業界からの転職者が多いというのも、女性の割合が高い要因の一つとなっています。

治験コーディネーターになるためには、特定の資格は必要ではありませんが、医薬品や医療現場に関する知識が必要となるだけでなく、被験者のメンタルケアや状態の細かな変化への対応などが求められるため、採用時に看護師や薬剤師の資格が必須となるケースも少なくありません。

治験コーディネーターは企業勤務となるため、病院や医療機関勤務のように不規則な勤務態勢に身を置くことなく、週休二日制の安定した勤務環境で働くことが可能です。また、残業や夜勤がないため、心身の負担が少ないというメリットも得られます。

最近では、看護師や薬剤師から治験業界へ転職をする方も増えてきていますので、勤務時間の面でのメリットを得たい方や、夜勤や不規則な勤務体系への対応が難しい方は、治験コーディネーターという職種を視野に入れてみるのも良いでしょう。

このページの先頭へ