イメージ画像

治験コーディネーターの男女比は?

治験業界には様々な職業がありますが、その中でも治験コーディネーターは男女比に差があります。その気になるCRC求人の男女比ですが、男性2:女性8で圧倒的に女性が多い職業だということがわかります。
パート薬剤師が扶養内で働ける年収とは?

治験コーディネーターに転職する人の多くが 看護師や薬剤師からという場合が多くどちらも女性の方が多い 職業であるためこれも治験コーディネーターの男女比に 差が開いている理由のひとつだと思います。

それに、治験コーディネーターは様々な人と接します。 医師を始めとし製薬会社の担当モニターや 被験者と接しますのでコミュニケーション能力が必須です。 ただコミュニケーション能力が高いだけでなく、 丁寧な言葉遣いや、細かな気遣いができる 女性の方が働きやすいということもあります。
神奈川県薬剤師会

治験コーディネーターの福利厚生は女性が 働きやすい環境、女性を支援するものが多いので こういった部分で女性の割合が高くなっている要因ですね。 しかし、男性であろうと女性であろうと 業務内容に違いはなく基本的に同じ仕事をします。

女性は事務作業で男性は力仕事、男性の方が休みが少ない といった違いも無く性別によって不利になることもありません。 経験や能力によって効率や給料が変わってきますが 男女で変わってくることはまず無いと考えて良いでしょう。

もし、他の人よりも得意なこと、優れたことがあるならば それを存分に生かし、どんどんアピールしていけばいいと思います。 治験コーディネーターは頑張りがちゃんと認められますので、 頑張れば頑張るほど昇給していきますし、 これって女性が力を発揮しやすい仕事だと思いますよ。

看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格を 持っていれば優遇されますし、 最初から男性の方が給料が高いということもありません。 女性が働きやすくするための福利厚生が多いものの 男性も変わらっず働きやすい職業でもあります。

ですので、性別によって負い目を感じることもありませんし、 治験コーディネーターに興味を持ったら 思い切って転職してみるのもいいと思いますよ。 経験や能力を重視する職業ですので、 転職するならなるべく早いうちにしておくと良いでしょう。

薬剤師の転職《ブランクのある方》

薬剤師という職業には、男女の隔たりはありません。「薬剤師になりたい!」と志せば、たとえ女性でも男性でも、叶えることは可能なのです。

とはいえ、今現在薬剤師として活躍している方の多くは女性だと言われています。これは実際に現場で活躍している薬剤師の皆さんであれば肌で感じていることなのではないでしょうか?

女性の人生には、様々なイベントが起こります。結婚や出産、その後の子育て、また身内のかたの介護に携わるケースもあるでしょう。

このようなイベントが起これば、必然的に勤務に割く事のできる時間に限りが生じてしまうでしょう。 場合によっては、一旦現場を退かなくてはならないケースも珍しくはないはずです。

そのような女性薬剤師の皆さんですが、いつかは事情も変わり、現場復帰を意識するタイミングが来るかもしれません。せっかく頑張って取得した薬剤師の資格ですので、できればまた資格を活かした就職を叶えたいと感じるはずです。

そんな時不安になってしまうのは、ご自身の履歴書にぽっかり空いた空白期間、ブランクですね。薬剤師に限ったことではありませんが、誰だってブランクを抱えての再出発には不安を抱くものです。 「わたしでもできるかなぁ・・・」と感じて当然ですよね。

そんな時ぜひ活用したいのが、薬剤師に特化した転職支援サイトのサービスです。転職支援サイトでは、会員登録後専属のキャリアコンサルタントによる転職相談を無料で受けることができるのです。

ご自身が抱えている事情や希望条件をもとに、それに沿った求人選びを行ってくれます。薬剤師求人には様々な選択肢があります。中には、ブランクを抱える薬剤師も歓迎してくれる職場もあるのです。

また、応募の際の提出書類の作成に関するアドバイスや、面接に向けた対策も一緒に行ってくれます。不安の多い再就職先探しでも、転職の専門家とともに進めていけば心配も少ないはずです。ぜひ胸を張って、自分にあった働き方をもう一度見つけてください。

薬剤師の転職シーンについて

これから転職をお考えの薬剤師の方々にとって、薬剤師の転職シーンは押さえておきたい重要なポイントでしょう。転職をしたいと考えていても、需要がなく求人数も少ないようでは魅力的な転職先も見つかりづらいはずです。

ここでは、そんな気になる薬剤師の転職シーンについてお話しいたします。

薬剤師の転職シーンは、未だ売り手市場が続いていると言われています。例えばアルバイト薬剤師の時給を見てみても、およそ2000円を超える待遇の良さから、いかに薬剤師の需要が高いかということが伺えますね。

これから転職をお考えの皆さんが、「求人が少ない!」と困ることは考えづらいのではないでしょうか。しかし、全国的にどこでも薬剤師の求人情報が溢れてるわけではありません。

また、たくさん数があるからといって全てが質の良い求人であるという事でもないのです。もちろんお住まいのエリアごとに特徴がありますし、ケースによっては狙っている職種の需要が少ないという事も起こり得るわけです。

例えば都市部での転職の場合、昨今注目されている治験に関わるお仕事への転職は有利でしょう。 企業への就職・転職でも、都市部に集中している傾向があるようです。

これに対して、薬局・調剤薬局などへの転職は地方の方が求人数が多く、選択肢も広がると言われています。どのような働き方を望むのかによって、有利なエリアは異なってくるのです。フットワークの軽い単身の薬剤師の場合であれば、エリアにこだわらず転職先を選んだ方が成功率もアップするかもしれませんね。

とはいえ、基本的に薬剤師の求人は数が多く、十分選ぶ余地があります。できるだけ多くの求人に触れ、より良い職場に出会うためにも、掲載求人数の多い転職支援サイトなどをうまく利用してスムーズな転職活動を進めてください。

転職支援サイトでは、希望のエリアに絞った求人検索も可能です。お住まいの地域に、どれだけ求人が出ているのか・・・、まずはご自身の目で確かめてみましょう。

このページの先頭へ